読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

talulah gosh's blog

リハビリがてらの備忘録(昔のブログは http://d.hatena.ne.jp/theklf/ )

2月25日(土)PLAYSET vol.1@下北沢GARAGE

音楽

f:id:theklf:20170228004533j:plain

出演:Imai/matsu&take/SOFYAMA/DJ Obak
休止中group_inouのプログラミング担当Imaiさんが始めた「PLAYSET vol.1」に行った。

www.youtube.com

System Kitchenに入っていた「COIN(great escape mix)」など、PVになった曲もあり活動初期にはよく名前を見かけていたgaku urayamaさん。「このトップバッターのsofyamaさんて誰!?」と思っていたらそのgakuさんだった。実はリミックス曲でしか知らないのだけど、この日は808STATE/Pacificを思わせるコズミック感のある曲が多めでトップバッターにぴったり。多分買い逃してる2016年春のgroup_inou7インチにもリミキサーとして参加してらしたようだし、Imaiさん曰く「緊張しすぎてストレスで帯状疱疹が出たらしい」けど負けずに活動を再開していただきたいです。

東京でのライブは本当におひさしぶりのmatsu&takeさん。扱う機材の関係もあって京都のMETROスタイル(ステージ/DJブースが低くて異様にフロアが近い)が一番似合う気がするんだけど、今回はステージが高い上に手元を移すカメラもなかったのでいろいろなギミックが見られなくて残念だった。でも音の内容はさすが90年代育ちのベテランクリエイター。X-PRESS2 /London X-Pressを思わせるビートでJunior Boy's Ownからでもリリースされてそうな90年代バレアリックハウスから一瞬ROBOTMAN/Do Da Doo風に刻まれたビートの入るハードハウス、ORBITAL/Chimeのようなシンセのメロディが美しいテクノ、UR的なソウルに溢れたコズミックテクノ、DAFT PUNK的な煌びやかなディスコハウス、GREEN VELVET的なブラック系サンプリングボイスが印象的なファンキーハードハウス、ときおりTC1991/Funky Guitarらへんの懐かしい記憶を呼び起こすフレーズがあったりと、クラブミュージックの懐の深さやmatsu&takeさんの知識量や幅広さを感じさせる展開で素晴らしい。曲名などがわからないので、自分の引き出しから印象をなんとなく思い出せそうなアーティストをメモ代わりに。終わってからご挨拶してみたら、昨今は音楽ネタより浜村淳ネタがRTされやすいらしく「これからどの方向に行くべきかと思って…」などと話される感じがお茶目で相変わらずすてきだった。

ラストはImaiさん。group_inouのトラックをソロ用にリミックスしたノンストップトラックでもはやかっこいいしかない。スタートする時に「上着着てる人暑くなりますよ!」と言っていたけど本当にそうだった。2回ほどMCが入った以外はクラブDJばりのミックスで休む暇もなく楽しく踊る。BAYCAMPのソロライブで爆発していたという噂は聞いていたけど確かにネクストレベルに抜けたのではと思わされるような弾けぶり。さらにブース上に乗り上げてミックスする様子も煽る様子も最高に楽しそうでこちらまで嬉しい。ラストにはTwin Tower TalkのOPテーマもぶち込みGARAGEならではのサービスっぷりで、50秒の時点でかっこよかった曲がフルサイズに伸びてよりカッコよくなっていた。アンコールは「一人だしやらなくてもいいかと思っていたけど…」と言いつつも、最近リミックスを手がけたという女性ボーカルの曲をやってくれた。そしてImaiさんのつくる曲はやっぱりImaiさんでしかないとしみじみと思わされたしすごくよかった。
OPや転換、ラストのDJはDJ Obakさん。B12やPLAID、PHYCHEなど懐かしのインテリジェントテクノ〜コズミック〜デトロイトハウス系の選曲で「このままだったらLFO/We are back!とかLFOとかかかるんじゃないの!?」と勝手に盛り上がった(かかってない)。この感じでのWARPレーベル系はわかるけどTRANSMATの曲までかかるとはね…。

f:id:theklf:20170228004609j:plain

という感じで全般的にすごく楽しかったのでひさしぶりに音楽系の記録もしておくことにする。