読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

talulah gosh's blog

リハビリがてらの備忘録(昔のブログは http://d.hatena.ne.jp/theklf/ )

5月11日(木)ジンカーズトークライブ-bitter fifteen diamond@風知空知

f:id:theklf:20170519010550j:plain

ジンカーズトークライブに行く。2人だけのトークライブは、樋口さんが結婚した時の「SWEET 10 ROLLING STONE」以来5年ぶりのような気がする。

冒頭で去年から今年にかけての近況を求める馬場さんに、逆に先に話をさせる樋口さん。「俺の話が先なの?」と苦笑しながらも、ヤフオクの落札者が「地元で俺含め3人しかいなかったオシャレな人のうちの一人で驚いた」という多少ひねり出した感ある軽めの話を披露していた。樋口さんは諸々の経緯を話したのち、「この話を馬場にしようと思ったら海外(ローズボウルへの古着買い付け旅行)に行ってしまったから、これは帰ってからだなと」。そして「言われた時に思わず『聞きたくなかった‥‥』て言っちゃったよ」と答える馬場さんに、「そう言うと思った。だから」と勝手知ったる感じだった。

ちなみに年末のRRKANへの出演は当日馬場さんからの連絡で突然決まったもので、あの場が設けられたことでかなり楽になったという話もしていた。それまでの話が結構ヘビーな展開だったので、「一応届け出用紙も写真に撮ったんですよ。ライブに使うかもって。だって僕の結婚もライブにした男ですからね」と笑う樋口さんと「そこまで鬼じゃないよ!」と笑ってツッコミを入れる馬場さんの会話に、会場全体がなんとなく安心する場面もあった。

近況報告が一通り済んだ後は、A4用紙約6枚、約15年分の樋口さんが提出したネタ設定とシチュエーションの一挙紹介コーナー。「課長補佐」など実際にネタになった設定が稀に見つかるも、その大半は書いた本人すら「何だっけこれ?」と思い出せないような不可解な文字列が並ぶ。これがまた樋口節炸裂の内容で、文字を追っていくだけで充分面白かった。

後半は、先のネタ設定の話の流れから2017年以降の活動の話になった。諸々の状況から、毎年恒例の単独ライブも行わなかったジンカーズ。「毎年新ネタをつくって単独をする、という行動パターンを見直す段階に来た」とのことで、今年下半期の活動の中心になるというYouTubeチャンネル開設のお知らせと今後アップされる予定のネタ6本が先駆けて披露された。樋口さん曰く「ボラギノールのCM(静止画をパラパラマンガ的に繋げる)スタイル」のネタは「拝啓、吉田戦車様」の新作。それぞれは90秒ほどとごく短いけれど、「きれいな無表情」とときどき表情が微妙に変わる写真、デジタルなのに醸し出される妙な空気感と相まって思わず笑ってしまうジンカーズらしい仕上がりだった。あとオペレーション担当として登場した「YouTube用にネタ編集を頼んだニュースタッフ時代の後輩しげる」がディスク百合おん氏で驚いた(サイバー長介のイアンとイベントをやっているナードコアの若手DJという認識しかなかったけど元芸人さんらしい)。

続いて、樋口さんがTwitter以外の告知ツールとしてInstagramを登録しスタート。登録のレクチャーを後輩から受けるも、逐一「アカウントはFacebookと連携させたくない!」「なんでですか便利ですよ」、「これ押したら課金されない?」「されませんよ」とおじいちゃんのような反応をしているのが面白かった。
現時点でもそれなりの頻度でInstagramに画像が上がっているし、馬場さん曰く「週1本ぐらいのペースで上げる予定」のネタも2本目がアップ済み。緩やかなペースながら、定期的に動きが見られるようになって本当にうれしい。「6本のネタ用に撮った写真のアウトテイクもたくさんある」とのことなので、6本と言わずその後もたくさんのネタを公開し続けていただけたら、そしてまた来年にでも単独をやっていただけたらなあ、とファンとして思う。

#ライブメモ #ジンカーズ