読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

talulah gosh's blog

リハビリがてらの備忘録(昔のブログは http://d.hatena.ne.jp/theklf/ )

4月26日(水)ヤーレンズからの手紙@阿佐ヶ谷ロフトA

f:id:theklf:20170514232225j:plain

ヤーレンズの新しいトークライブの第一回目に行った。

普段のトークライブとは異なり、お笑い以外で気になる人を呼んでトークをし友達になってもらおうというコンセプト。ちなみにタイトルは「気になるクリエイターに手紙を出して反応してくれた人をゲストにする」ということからついたらしい。

f:id:theklf:20170514232353j:plain

写真:メガネ×4人。

初回ゲストはJ-POPユニットのONIGAWARA。同年代らしく、さっそく距離を縮めようと趣味や休日の過ごし方、ドラマ、アイドル(SMAPとか)の話などで共通項探しに挑むも、サティフォさんに「ウチらと友達になるのハードル高いですよ」と笑顔で高嶺の花スタンスを決め込まれる。さらにオープニングからかなりの時間をキメ顔キャラ重視で話に入ってこない斎藤さん、見た目よりマイペースな2人にヤーレンズもそこそこ手こずる。バンドを組んだ理由や好きだった音楽などの話をするが、前半は「ファミレスで初対面の2組が雑談する光景を遠巻きに眺める」感が強めで一般的なトークライブではあまり見られない妙なグルーヴが出ていた。

f:id:theklf:20170514232849j:plain

写真:漫才中のヤーレンズ(ひさしぶりの目にまぶしい衣装)。

中盤は2組の本職披露。ヤーレンズの漫才は普段通りの安定感あるお喋りとドラえもんのネタ、ONIGAWARAは「タンクトップは似合わない」、「ヒットチャートをねらえ」2曲のミニライブ。どちらもとても楽しかった。

f:id:theklf:20170514232921j:plain f:id:theklf:20170514232955j:plain

写真:ONIGAWARA決めポーズ(左)/「ヒットチャートをねらえ」のサビを踊る。

特にライブは、事前にONIGAWARAファンの方が配ってくださっていたルミカを皆で振り、サティフォさんのギターソロに歓声をあげ、斎藤さんの煽りやレクチャーに合わせて振りを踊りとものすごく盛り上がった。トークライブならではのゆるい空気だったのに、音楽が始まった途端に空気を変え一気にアッパーに持っていく様子に「さすがミュージシャン」と感心する(女子アイドルの中に一組だけ放り込まれたライブでも盛り上げたという現場強さがわかる)。「ヒットチャートをねらえ」のサビでは、ヤーレンズの2人もバックダンサーとして加わりダンスを披露する、というなかなかのレアぶり。本当の意味でのグルーヴも感じられてよかった。個人的には「シャッターチャンス'93」を期待していたけど、ここでは残念ながら披露なし。キラーチューンは本ライブに来て聞いてね、ってことなんだろう。
f:id:theklf:20170514233038j:plain

写真:ゆるい空気になったライブ終了後。

ライブ終了後の後半トークは、ライブも終わった安心感からかステージ上含めてより寛いだ雰囲気になっていた。「休憩中ずっと喋っていたのに振り付け何も練習しなかったですね」と言いつつ、「出井さん全然踊れてなかったでしょ」と何気なくツッコミを入れるONIGAWARA。お互いの感想を話すパートなどでは、明らかに距離が縮まっている様子が見えて微笑ましかった。

f:id:theklf:20170514233202j:plain

終了時間が押し迫ったエンディングで「そういえばなんでその名前なのかとか、何も聞かなかったよね」と最初にやるべきトークテーマを今さらのように蒸し返すヤーレンズ。とはいえ「手紙」の想いはどうやら通じた様子で、新しい友達として和やかに終わりを迎えていた。

ミュージシャンとのトークという意味では思うところはいくつかあったけど、一回目ということでひとまず保留。今後もどんどん変化していきそうなので、ゲスト選定も含めて次回を楽しみにしたい。

#ライブメモ #ヤーレンズ #ONIGAWARA